浮気と離婚

rikon

浮気をして離婚・・となった場合は当然まずは双方の協議が必要になるでしょうが、どちらかが一方的に悪くてもう「ブチ切れた!」ということになれば話し合いもしたくない!ということになるでしょう。

協議が出来ない時には、離婚調停を家庭裁判所へ申し立てましょう。

調停は調停員の前で2人(もしくは代理人)が離婚についての話し合いをする場所で今後どうするかということを決める方向の場です。

調停員は中立の立場なので「どうしなさい」とは言いません。ただ「本当にこれでいいですか?」ということがメインなので明らかな浮気の場合はどちらかに否があるわけですからこんな話し合いは無理!無駄!と思うことでしょう。

しかしこの調停を経ないと裁判には持ち込めません。調停には弁護士履いてもいなくてもよいですが本気度を見せるためと自分の方向性を整理すべきパートナーは、いたほうが良いので弁護士に相談して同席してもらうことをお勧めします。

調停で決まった事は裁判の判決と同じ効力を持ちます。

調停で決まった日に家庭裁判所へ出向いて、「こりゃだめだ」となったときには「不調」として離婚訴訟の手続きに移れます。

これを審判離婚・裁判離婚で夫婦それぞれが「離婚をするかどうか」・「慰謝料の額をどうするか」・「親権をどうするか」などの事項をきちっと審判してもらいます。浮気の場合は否がある方は被告になり、訴えたほうが原告となります。

離婚をするにあたってもプロセスがありますので、今のパートナーとはどの段階できちっと話をつけるべきなのかを把握し、手続きに進む必要があります。

コメントは受け付けていません。