関連法律2

和解離婚 2003年の人事訴訟法改正で、認諾離婚とともに新設されたものが和解離婚です。離婚訴訟中、当事者が歩み寄ることによって和解した場合に、訴訟を終わらせて、裁判所の判決以外の方法で離婚することを和解離婚と言います。 裁判に勝った、負けたではなく、和解によって離婚が成立するものです。離婚訴訟中に離婚の合意がなされた場合には、和解調書が作成されて和解離婚が成立します。和解調書は裁判所によって作成さ

続きを読む

関連法律1

性の不一致 性の不一致は、「夫、または妻が異常に性生活に執着している」「夫、または妻が性に対して潔癖である」「性的嗜好が異常である」「同性愛者である」などの状態を表しています。 性の不一致が原因で夫婦関係が修復できないほど破綻している場合には、離婚原因として認められます 夫婦生活の中でも性生活は重要なものとされることが多く、離婚が比較的容易に認められる傾向があります。 療養中や年齢による性的不能な

続きを読む

家事関係

家事調停 家事調停とは家事事件の調停のことです。 調停は、家事審判官(裁判管)1名、民間人1名の中から選ばれた調停委員、それぞれ1名ずつ以上で構成されている調停委員会で執行されます。 調停では、当事者の双方から事情や意見を聞き、お互いが納得した上で問題解決へと進むための助言や仲立ちを行います。 その結果、当事者同士がお互いに合意すると、調停は成立と見なされ、合意事項を明記した書面を残して調停は終了

続きを読む

面接関係

面接交渉 離婚後、子供の養育権や監護権を持たない親が子供と面会を行ったり、電話や手紙などさまざまな方法で連絡を取り合うことを言います。 この面接交渉が認められる基準となるのは、子供の福祉です。 つまり、親に会うことで、健やかな成長が望め、精神的に安定するかどうかが判断されます。 万一、子供を不安にさせるなどの影響があった場合には面接交渉ができなくなるケースもあります。 面接交渉についての調停申立

続きを読む

親権関係

親権 未成年の子供の監護と教育、及びその財産の管理を行えるという、子供の父母に与えられた権利義務の総称を言います。 親権者変更の調停申立書 親権者を変更するための書類のことをさしています。 他に、申し込み人と、その子供、子供の現在の父母の戸籍謄本を用意する必要があります。 親権者指定の調停申立書 親権者を指定するための書類のことをさしています。 他に、申し込み人と、その子供、子供の現在の父

続きを読む

財産関係

財産分与 夫婦生活において二人で築き上げた貯蓄は共有の財産に当たるため、離婚時にはこれを清算しなければなりません。貯蓄が一方の名義であった場合でも、他方からの請求に対しては財産を分与する必要があります。財産分与では、その対象になる財産と、対象とならない財産があり、婚姻の前に個人で貯めた貯蓄や、相続・贈与された分はこの場合には対象には当てはまりません。 財産管理権 財産管理権は民法上の親権の一つで、

続きを読む