不妊治療から浮気に走られた?

依頼目的:浮気調査 相談者:30歳代の主婦(仕事あり) 居住地:仙台市青葉区 結婚10年目ですが、未だ子供に恵まれていません。 検査の結果、どうやら私は妊娠しにくい体質らしいとのことで、現在、不妊治療を行っています。 最初は夫も協力的だったのですが、不妊治療のプレッシャーからか、しだいに夫婦関係がぎくしゃくしたものになっていきました。 顔を合わせればけんかや口論となり、

続きを読む

ドライブ好きな夫の浮気疑惑

相談者:20歳代の主婦(仕事あり) 居住地:仙台市若林区 最近、夫が良くドライブに出かけるようになりました。 それだけなら何の問題もないのだけれど、社内に誰か他の女性の痕跡があるのが気になります。 茶色く染めた長い髪の毛が落ちている(私はショートヘアです) 何となく香水の残り香を感じる つけ爪が落ちていた 私はつけ爪をつけていないので、特に3番が決定的でした

続きを読む

真面目な夫が浮気相手と旅行

依頼目的:浮気調査 相談者:50歳代の専業主婦 居住地:仙台市若林区 主人についてご相談いたします。 主人、私共に50代です。 主人は無口で仕事熱心。 会社役員に就いており、人柄へ強い不満も、生活への不服もありません。 そんな中、先日、主人の書斎の掃除をしましたところ、気になる写真が出てきました。 いつもと本の並びが違っていたので、何気なく直したところ、ページの

続きを読む

浮気相手と同じマンションに住もうとする夫

依頼目的:浮気調査 相談者:30歳代の主婦(仕事あり) 居住地:仙台市青葉区 突然、夫に「引っ越ししたい」と切り出されました。 私たちは、どちらも仕事を持っており、現在、賃貸マンション暮らしです。 更新の時期が迫っていましたが、私は現在のマンションに何の不満もありません。 契約の更新を考えていました。 さらに夫の話を聞くと、妙なことを言い出しました。 もう、

続きを読む

趣味仲間の若い男性と浮気をしているかも…

依頼目的:浮気調査 相談者:50歳代男性 居住地:仙台市太白区 お世話になります。 ここ最近、妻の外出が妙に増えたのが気がかりであるため、ご相談させて頂きます。 妻は45歳です。 そもそもさほど積極的ではなく、控えめな性格の妻だったのですが、同じ趣味を介して知り合った友人たちと知り合ってからは、人が変わったように明るくなり、何かと出かけるようになりました。 若干若返っ

続きを読む

朝帰りを繰り返す夫の浮気疑惑

依頼目的:浮気調査 相談者:30歳代女性 居住地:仙台市宮城野区 最近夫の帰宅が遅く、ほとんど朝帰りのような状態だったので、浮気ではないかと思っています。 朝方になってこっそり帰ってきた日、はっきりとそう告げたところ、夫がものすごく怒って、口げんかになりました。 夫は図星をさされたという感じでした。 夫は、怒ったまま仙台市にある会社に出勤していきましたが、その夜から家に

続きを読む

出張中に浮気相手と会っている夫

依頼目的:浮気調査 相談者:30歳代の主婦(仕事あり) 居住地:仙台市青葉区 備考:子ども1人 夫は出張の多い職種に就いています。 月に何度も同じところへ出向くこともあります。 これは、夫だけでなく、他の社員でも同じだということは、他の人の話からわかっています。 ただ、夫の場合は、なぜか出張が終わってもすぐには青葉区にある自宅には帰って来ません。 例えば、出張が

続きを読む

近所の男性と浮気している妻

依頼目的:浮気調査 相談者:50歳代の会社員 居住地:仙台市泉区 子どもも無事に独立し、夫婦二人きりになってから、もう3年になります。 勤めている会社は、この不況の中で何とか乗り切り、私もリストラなどの憂き目にもあわず、平穏無事に過ごしてきました。 ところが、最近になって、どうも近隣の住人が、やけに興味本位で私を見ていることに気づき、居心地の悪い思いをしています。 例え

続きを読む

ホテルじゃなくても浮気の証拠写真になる?

依頼目的:浮気調査 相談者:40歳代の主婦(仕事あり) 居住地:仙台市太白区 夫との離婚を考えています。 離婚を有利に運ぶためにも決定的な浮気の証拠が欲しいのですが、手元にそういった物がありません。 夫には、結婚の前からもたびたび浮気されていました。 隠し通してくれれば、まだいいのです。 ですが、そんな夫の浮気はすぐにこちらにバレてしまいます。 我慢も限界に来て

続きを読む

既婚者だとは知らなかった?

依頼目的:浮気調査 相談者:30歳代の主婦(仕事あり) 居住地:仙台市青葉区 主人が浮気していると知ったのは、3ヶ月ほど前のことです。 最近、帰宅時間が遅く、態度もどことなくぎこちなくて、以前から少し怪しいなとは思っていました。 でも、浮気しているんじゃないの? と、どういうふうに問い詰めればいいのか迷っていて、なかなかこちらから切り出せずにいました。 そんなとき、主人

続きを読む