家事関係

家事調停

家事調停とは家事事件の調停のことです。 調停は、家事審判官(裁判管)1名、民間人1名の中から選ばれた調停委員、それぞれ1名ずつ以上で構成されている調停委員会で執行されます。 調停では、当事者の双方から事情や意見を聞き、お互いが納得した上で問題解決へと進むための助言や仲立ちを行います。 その結果、当事者同士がお互いに合意すると、調停は成立と見なされ、合意事項を明記した書面を残して調停は終了します。

家庭裁判所調査官

家庭裁判所で、裁判事務を補助する役目を負った職員のことです。 家庭内の紛争や非行に走った少年など、当事者及び関係者と面接を行い、心理テストなども織り交ぜながら、裁判官と共に問題を調査検討し、解決へと導きます。 家庭裁判所調査官は主に離婚と婚姻関係、特定の人物の生活環境など調査するのが仕事となっています。

家庭裁判所

家庭裁判所で、裁判事務を補助する役目を負った職員のことです。 家庭内の紛争や非行に走った少年など、当事者及び関係者と面接を行い、心理テストなども織り交ぜながら、裁判官と共に問題を調査検討し、解決へと導きます。 家庭裁判所調査官は主に離婚と婚姻関係、特定の人物の生活環境など調査するのが仕事となっています。

家事事件

家事事件は、審判事件と調停事件の2つに分けられており、家庭に関する事件の総称で、家庭内で起こった紛争の解決などがこれに当たります。 事件内容は家族間のトラブルであることから、解決に至るには法律的な視点からだけでなく、お互いの感情の衝突をやわらげるのが重要となります。 また、裁判所が後見的な立場となる必要もあります。 家庭裁判所は、家庭内のトラブルを円満に解決することが第一の目標であり、プライバシーの問題もあることから、家庭裁判所が扱う事件は原則非公開で行われます。

家事審判

家事審判とは家事事件の審判のことです。 家事審判官(裁判官)が提出された書類や家庭裁判所調査官の調査結果などを元に判断を下し、これによる決定が審判と呼ばれます。 決定に不服があるときには審判後、2週間以内に不服申し立てをしなければなりません。 これにより、高等裁判所で再審理をすることもできるようになります。 ただし、全てにおいて不服申し立てができるというわけではありません。 ケースによっては再審理をすることが不可能な場合もあります。 不服申し立てをせずに審判から2週間以上経過したときや、高等裁判所で不服申し立てが認められなかった場合には、その時点で審判が確定します。

家事相談室

家庭裁判所には家事相談室があり、家庭裁判所調査官や裁判所書記官が相談員として、離婚問題など家事事件全般について無料で相談に応じてくれます。問題を解決する方法についてのアドバイスや、離婚調停や審判の申立て手続きなどの説明、書類の書き方などを教えてくれます。

相談に応じてくれない問題もありますから注意してください。相談に応じてくれないものには、「慰謝料の金額」「離婚をした方がいいのか?」などがあります。また、電話での相談は受け付けていません。

コメントは受け付けていません。