面接関係

面接交渉

離婚後、子供の養育権や監護権を持たない親が子供と面会を行ったり、電話や手紙などさまざまな方法で連絡を取り合うことを言います。 この面接交渉が認められる基準となるのは、子供の福祉です。 つまり、親に会うことで、健やかな成長が望め、精神的に安定するかどうかが判断されます。 万一、子供を不安にさせるなどの影響があった場合には面接交渉ができなくなるケースもあります。

面接交渉についての調停申立書

面接交渉の方法や内容は、夫婦の間の話し合いによって具体的に決定されます。 話し合いがまとまらなかった場合には、家庭裁判所に調停の申し立てをし、面接交渉での取り決めを訴えることができます。 また、この申し立ては離婚成立の後でも前でも可能となっています。

面接交渉権

離婚後に親権を持たない親が子供と面会を行うことを面接交渉と言いますが、その行為を保証する権利のことは面接交渉権と呼ばれています。親権とは異なり、面接交渉権は法律で規定されたものではありません。
しかし、裁判所から認められた権利であって、親の権利であると認められています。それでも、子供に有益であることが前提とされているため、子供が面会を拒絶している場合には強制することが適切であるとは言えません。

コメントは受け付けていません。