浮気を認めさせるために使える機関

探偵の尾行

探偵の尾行

離婚の原因になる浮気は、すんなり離婚を相手が認めればいいのですが、そうならない場合は証拠を集めるなどして第三者や専門機関に任せるのが最も効率的です。

そこで、浮気を認めさせる上でどんな機関を頼ればいいのかを知っておく事で正しく利用できるでしょう。

興信所について

浮気やストーカー、素行調査などあらゆる人柄を調査してくれる場所に興信所があります。

興信所と私立探偵の何が違うのかというと、興信所は企業も顧客に入っているので法的な範囲を守った上で証拠集めをしてくれるという保証があります。なので、興信所が集めてくれる証拠は裁判でも証拠能力が高く、慰謝料を請求する上でも重要な証拠になる物だけを厳選して集めてくれるのです。

しかし、法律を守らなくてはいけないという事であくまでその立場は公平です。だから、基本的には対象者に対して調査を行うことを通知する事が義務付けられているのです。

あくまで、依頼者が犯罪や不正行為などの被害を受けている場合などの例外に該当する場合しか密かに調査をしてくれる事はないのであくまで浮気調査の詰めに使うのがいいでしょう。

私立探偵について

浮気調査をより密かに行いたい場合は、私立探偵を雇うのも一つの手ですね。

興信所の場合は、例外に該当しない限りは浮気調査も相手に通知した上で調査をしなくてはならないという原則があります。だから、まだ浮気の疑念の段階の場合で相手に知らせずに調査するためにはそう言った決まりのない私立探偵の方が秘匿性が高いです。

しかし、私立探偵は興信所のように信用という部分に欠け調査能力についても保証がありません。

そして、何より興信所よりも遥かにお金がかかりますのでどちらかというとデメリットの方が大きいですね。多少苦労してでも、浮気をしているという疑いを掴む程度であれば自分の力で調べた方がお金もかかりませんし、より確実ではないかと思います。

弁護士について

浮気を原因に離婚する場合、最後に頼りになるのはやっぱり法律家である弁護士ですね。離婚の調停は勿論、それまでの手続きや慰謝料請求など法律的な処置は弁護士に任せるのが一番スムーズです。

しかし、あくまで弁護士と言うのは法律的に事案を処理するだけの存在なので、浮気調査まではしてくれないのです。だから、弁護士に連絡を取って任せるまでにある程度自分で証拠を集めておかなくてはいけません。実際、弁護士に浮気が原因で離婚をする際にも証拠を集めてくださいという事を言われます。

ただ、具体的にどんな物が法的な証拠になるのかという事を相談する事は出来ますので、浮気の証拠はどんな物なのかわからない人は証拠を集める前に弁護士に相談するのもありだと思います。

コメントは受け付けていません。