有利な離婚のために浮気を認めさせよう

話し合い

浮気の話し合い

浮気、というのは離婚する際の判断基準として非常に重い要素です。

しかし、浮気をしていたという事を相手に認めさせるか、裁判で証拠になるような証拠を提出するなどしなければ、離婚事由として認められない事もあるので、しっかり相手に認めさせる必要があります。

男性の浮気の見抜き方

相手が男性の場合、浮気を認めさせるには言及する事がとても効果的です。

男性は、女性に比べて態度や仕草に感情が出やすく、浮気の事を問い詰められると、自分にやましい事がある場合はすぐに表に違和感が出てしまうのです。整合性のない話をしたり、相手の疑念を晴らすために嘘を並べ立てたりするのですが、大抵の場合は上手くいきません。最初から準備をしていたならともかく、浮気を突然問い詰められると、身に覚えがある場合はその場で嘘を考えてしまいます。

そして、そういう即興の嘘というのはとにかく簡単に話しが破たんしやすいんですね。だから、浮気を問い詰める際に大事なのは言及して相手の男性に、とにかく何でもいいから喋らせる事で勝手に自爆させる事が出来るのです。

女性の浮気の見抜き方

女性は、男性に比べると感受性豊かで感性が鋭く、男性よりも咄嗟の嘘が上手なんです。だから、よく男性は女性の浮気に気付かないというのですが女性も完ぺきではありません。

女性は、その代わり男性に比べると論理的思考をするという事に置いて苦手としている事が多いのです。そのため、例えば相手に真剣な顔で一つだけ聞くと前置きをしてプレッシャーをかけます。そして、シンプルに浮気をしているかと尋ねるのです。

ここで、ノーと否定してくればいいのですがそんなことなぜ聞くのかだとか、「そんなこと聞くなんて最低」なんて怒り出すとほぼ間違いなく浮気をしています。女性は、感受性が高く嘘をつく時はボロが出ないよう曖昧な言い方をする物なので、イエス・ノーで答えられる質問にどちらでもない答えを返す場合はかなり怪しいです。

男女問わずに使える嘘の見抜き方

男性と女性は、思考回路がやや違うので嘘のつきかたも違うのですが、共通する部分もあります。なので、浮気の嘘を見抜くために男性にでも女性にでも使える方法をお教えしましょう。

まず、よくある嘘をつくときに人は眼を逸らすという話しがありますがあれは実は迷信です。寧ろ、人は自分の嘘に騙されているかどうか確認しながら嘘をつくので、じっと目を見ながら話をしてくる人は要注意です。

他にも、この日に何をしていたかと聞いて相手の話を聞いた後で今度は、逆の流れで話させるのも有効です。本当の事を言ってるなら記憶を遡ればいいのですが、嘘の話の場合は自分が実際に行動したことではなく、頭の中で考えた物なので逆から話そうとすると、つっかえたり話の順序がバラバラになりやすいのです。

コメントは受け付けていません。