浮気の疑いを調べるためには

浮気の証拠を探す夫

浮気の証拠を探す夫

結婚後の浮気や不倫、という行為は離婚をする上で離婚原因の重要な要素です。実際、昨今の離婚の原因の殆どは浮気や不倫と言った不貞行為であることが多いのです。

そこで、最近夫の行動が怪しいと思ったり妻の様子がいつもと違うということを感じ始めたら自分がすっきりするためにも浮気しているかどうかを調べてみるといいかもしれませんね。

浮気の正しい調べ方

浮気を調べる上で大事なのは、此方が疑っていることを相手に気付かせないことです。馬鹿正直に「貴方浮気していない?」なんて聞くのは以ての外です。

浮気をしているような人が、そんな質問に正直に答えるわけはありませんし、仮に浮気をしていたとしたら疑われていることに気付いて警戒を強めてしまうかもしれません。そうなってくると、相手が浮気している証拠を集める妨げになりますので浮気を調べることで大事なのは何より自分が相手の浮気に疑念を持っているということを相手に気付かせずに密かに証拠を集めていきましょう。

何より、もしも浮気の事実がなかった場合あらぬ疑いをかけた、という事で今後の夫婦関係に悪影響を及ぼすこともありますから、どちらにしろ気付かれないに越したことはないです。

証拠は携帯電話とパソコンから

浮気の証拠を集める上で、最も注視したいのがパソコンや携帯電話と言った通信ツールです。現在は、浮気相手との待ち合わせや約束、やり取りを行う上でパソコンや携帯電話と言ったツールは密かに行動するのにとても便利です。だから、浮気している人は間違いなく携帯電話やパソコンに、何らかの証拠を残しているものです。

メールのチェックや、電話のやり取りの履歴は勿論ですが、SNSの会話欄も可能であれば確認しておきましょう。

最近では、メールや電話よりも証拠が見つけにくいSNSで浮気相手を探して、連絡を取り合っていることが多いので、着信、発信履歴やメールだけを確認して安心しないことです。

専門機関の利用

個人で出来る範囲である程度証拠を集めることができたら、それだけでも十分な証拠能力になります。しかし、携帯電話やパソコンはパスワードをかけることができるので、警戒心の強い相手だとどちらもロックがかかっていて、閲覧することができない場合があります。

そうなると、専門の浮気調査機関に頼むしかないのですがここで私立探偵を頼むのは絶対止めましょう。私立探偵はとにかくお金がかかりますし、お金のためにちょっと怪しいことでも大袈裟に報告するところがありますからね。

専門機関に依頼するのであれば、規模の大きな興信所のほうがずっと安く済みますし、公平な目で調査してくれるので証拠能力も高いというメリットがあります。

コメントは受け付けていません。