浮気調査方法の違い

夫の携帯を調べる妻

夫の携帯を調べる妻

何だか最近、伴侶の相手が可笑しい、怪しいと思い始めたらそれは浮気をしているサインかもしれません。

一度気になり始めたら、それを我慢しているとストレスにもなります。だから疑わしい事があれば、まずは真実を確かめる事が大事です。

浮気調査の順序

相手が浮気しているかどうか、という事を調べるには何より個人で動くのが一番いいです。興信所や探偵に依頼すると、プロの仕事をしてくれますがとにかくお金がかかります。ちょっと怪しいかも?程度の疑惑で、それだけお金をかけるのはいくら何でも勿体ないですからね。

浮気調査は、自分一人でもできる範囲はありますのでまずはそこから、本当に浮気をしているのか、それとも気のせいなのかという事実関係だけでも確かめてみる事が大事です。いきなり何の確信もなく相手が浮気をしている物だ、と決めつけて行動すると、ただ無駄にお金を使うだけで終わってしまう事もあります。

何より、興信所はある程度相手が不法行為を行っている事が前提でなければ対象に通知した上でしか調査できません。

個人で出来る浮気調査のやり方

まずは、相手が浮気しているという事を確信できるだけの事実を調べる事が先決です。浮気の証拠はともかく、浮気しているかどうかを調べるだけならば個人だけでも十分可能です。携帯電話やパソコンのメールや着信履歴、SNSの会話履歴を見たりするだけでも大まかな事はわかります。

そのどちらにもロックがかかっている場合は、携帯電話のGPSモードを利用することで、相手の行動範囲を確かめることもできます。

他にも、相手の外出に合わせて尾行するという事も出来ます。決定的な証拠をつかむ事はできなくても、浮気をしているという事だけ確認することができれば、もしも何も無ければ自分の気のせいで終わりますし、事実であればそれを元に対象に知らせずに興信所に調査してもらえます。

興信所で本格的に調査

相手が浮気しているという事実を確信するだけの材料を得る事ができれば、興信所も例外措置として調査対象に通知をせずに浮気調査をしてくれます。興信所が調査する内容は、素行調査と同じような物で家庭裁判所での離婚調停でも法律的に証拠能力のある物をしっかりと取ってきてくれます。

浮気相手との密会や、ラブホテルへ入るところと出るところなどのツーショット写真。メールや電話のやり取りを、法律的に調査してくれますので、離婚調停の際にも慰謝料を請求するだけの情報を集めてきてくれるのですね。

興信所への調査依頼料金も、弁護士の腕によっては調停の際に慰謝料とは別に浮気をした相手に請求する事もできますので、興信所に依頼するさいは離婚をすることを前提にしておきましょう。

コメントは受け付けていません。