浮気で離婚するなら何でも形に残す

浮気の記録

浮気の記録

浮気を原因にした離婚調停裁判の際に、離婚が認められるか、慰謝料の額面の判断は浮気の内容、期間によります。そして、それらが認められるためにはその期間、どう言った内容の浮気がされていたかという証拠が必要になるのです。

だから、何でも証拠として形に残す事が大事です。

浮気を認めた事も証拠に残す

浮気が原因で離婚調停裁判になった際に、何が一番揉めるかというと、話し合いの時点では浮気を認めていたのに、裁判になると急に否定しだすという証言を覆す事です。

てっきり、浮気を認めて裁判でも証言する物だと思っていたから何の準備もしておらず、離婚が認めて貰えなかったり、慰謝料が減額されてしまったという事もあります。だから、浮気を認めたという事も証拠として残しておく事が重要です。

具体的にはボイスレコーダーによる録音、これも相手に了解をとる事が前提です。そして、弁護士立会いの下で浮気を認めた事に対する証明を書面にしてもらう事です。

こうする事で、裁判で否定したとしても署名と捺印があればこの時自分で浮気をしたと認めている、と証拠として使う事が出来るのです。

携帯電話やパソコンデータの保存

興信所や、探偵を利用して相手に証拠を提示して浮気を認めさせた場合もそこで安心してはいけません。より確実に浮気の証拠を固めるため、浮気を認めた場合はその場で相手に携帯電話を渡してもらい、メールや着信履歴、SNSの会話内容を相手に手を着けさせる前に保存しましょう。

できれば、データ転送だけでなくその画面を表示した状態で撮影する事が好ましいです。データは、編集が可能になりますので証拠能力が弱いのですが、その画面を撮影する事で証拠能力は高まります。

また、メールのやり取りやSNSのやり取りはパソコンでも可能なので、パソコンも全て自分と、出来れば第三者が立会いの下で開示してもらいましょう。その際も、データ転送保存と画面撮影の両方を徹底して行う事が大事です。

浮気調査の時点から日記をつける

浮気の証拠集めを始める時、忘れてはいけないのが日記をつける事です。これも手書きが好ましく、日付は勿論出来るだけ正確な時間を一緒につけておく事をお勧めします。

これは、夫婦間のやり取りは勿論ですが興信所に依頼したり、或いは自分で証拠を集める際に、この証拠はいつ誰が見つけたか、という事を細かく記録しておきましょう。こうする事で、証拠がいつから見つかったかという事から、相手が浮気していた期間の証拠にもなりますので、慰謝料の増額につながる要素でもあるのです。

また、夫婦間の会話のやり取りもできるだけ一字一句変えず正確に残しておくと、不貞行為をしていた間、どのように嘘をついていたのか、という証明にもなりますので、これも浮気の一つとして証拠になります。

コメントは受け付けていません。