浮気の証拠はあなたから仕掛けて得るもの

海辺で浮気

海辺で浮気

あなたはパートナーに対して浮気を疑っていますか?確信が得られない狭間でもがいていませんか?パートナーがもし浮気をしていたとしても、用心深ければ、その痕跡は残さないように細心の注意を払っているはずです。

そこであなたから誘発して浮気の有無を確認するためのテクニックについてお伝えします。

嘘をついていると分かったとき

パートナーが明らかな嘘をついていると分かったとき、感情的になりがちでしょう。あえて相手の嘘を見逃すということも、大人の判断として必要です。その後、相手の行動がどう変化するのかを冷静に見守るのです。

嘘をつくということは相手を裏切るということですから、動揺を隠せないはずです。しかも、一つの嘘を補うためにまた嘘を重ねていくことになりがちですから、やがて見逃せない嘘となって、現れることでしょう。その時があなたの決断の時だと言えます。

秘密を打ち明けるよう交渉する

パートナーが浮気をしていると感じた場合、あなたから、許すことを前提に秘密を打ち明けるよう交渉してみましょう。一般的に許すからと言われると、相手から意外な事実を打ち明けられたりすることが良くあります。

いつまでも前に進まない場合、開きなおることも大事です。無暗に相手と争うと、浮気をしていない場合でも関係が崩れてしまう恐れがあります。全てを知った後、パートナーとの関係をゆっくり修復していきましょう。

里帰りや出張と言って外泊して様子を見る

別居と似ていますが、浮気の疑いがある状態で、パートナーと距離をとってみましょう。当然、故意に距離を取ることは悟られてはいけません。里帰りなど、自然な理由を見つけましょう。

パートナーがもし浮気をしていた場合、より浮気相手と会うようになるか、会わないようになるか、二手に分かれます。メールが増えれば、寂しい証拠です。逆に減ればあなたへの気持ちが薄れています。

あなたは浮気相手のことを把握しにくくなりますが、お互いの気持ちを整理するのによい機会です。このようにしてあなたから行動して、パートナーに対する疑いを晴らしましょう。

コメントは受け付けていません。