相手の服装で見抜く浮気発見のテクニック

シャツ

シャツ

浮気はわずかな変化から見抜くことができます。

相手の外観にもその変化は現れます。当然、急にお洒落になるなど、飾る傾向にある場合、その疑いはありますが、今回はちょっとした変化から浮気を見抜くテクニックについてまとめてみました。

下着が裏表逆に??

相当ずぼらな人でなければ、毎朝下着の裏表は確認して着用しますよね。逆に着る人はそうはいません。しかし、浮気相手とホテルで過ごすカップルは、ことを終えた後、急いで帰る人が多数です。

そこに油断があり、下着を裏返したまま着用して帰宅するケースがあります。中には前後ろを逆にして着る人も。

パートナーが外出先から帰ってきた時、下着を見てみてください。裏表逆であれば、どこで履き替えたの?って聞いてみても良いかも。パートナーは動揺を隠せるでしょうか。

それはだれの毛?

衣服にはたくさんの毛が付着しています。普段そんなことには気づきませんよね。特に冬。衣類は静電気などで周囲の毛を寄せ集めます。

コロコロ等をニットに転がすと、思った以上に毛が取れます。ほとんどが自身の毛ですが、見たこともない長さや色の毛が付着している場合、その服を着てどこへ行ったか、疑ってみましょう。

知らない異性と会っていた可能性があります。また、ペットを飼っていないのに、浮気相手が飼っている猫や犬の毛が付いているケースもあり、服に付着する毛は、その人の行動を表します。

きれいにたたまれた服

外泊に出た場合、服を持っていきますよね。パートナーは普段から服をきれいにたたみますか?

パートナーが出張などの外泊先から戻ってきた時、トランクケース内の服がきれいにたたまれていると、浮気の可能性が高いです。しかもこれは浮気相手からの挑戦状かもしれません。

浮気相手がさりげなく自分の存在を主張するために、あえて目につく変化を加えることがあります。ここまでくると、浮気相手との関係はかなり進行しているため、早めに行動を起こすことが望ましいです。

パートナーと関係を保つのも、お互い新たな道を歩むことも、早めに行動に起こすことが大切です。これらの小さな変化を逃さないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。