浮気の見抜くための情報収集テクニック

不倫カップル

不倫カップル

あなたは色々な人間関係や組織と関連しながら生活していると思います。時にそれらの集団は、膨大な情報ネットワークとなります。

これを利用して、パートナーの浮気が白か黒かはっきりさせませんか?

友人から聞く浮気の噂

パートナーにも友人がいると思います。その友人にもパートナーを快く思う友人と、なんらかの理由があり、嫌気がさしている友人と2通りいます。
情報をもたらす相手として、全く違うと思います。

もし、あなたのパートナーの友人から浮気を告げられても、すぐ行動に出てはいけません。あなたへの嫉妬心やその他の負の思惑によって、嘘の情報を流す友人がいます。当然、正しい情報かもしれません。いずれにしても目をそらさずに現実を見つめて行動しましょう。

辛いことですが、パートナーへの疑いに対して答えを出すために、その他の友人から情報を集めることをお勧めします。

近隣の人が持つ有力な情報

PTAでは地域で大勢の人が集まります。ほぼすべて主婦です。この集団が、実は膨大な情報がやりとりされているネットワークです。何かの目撃情報なんかは即拡がります。

あなたがパートナーの不倫を疑う場合、直接そのネットワークを使うのではなく、仲の良い友人等にお願いして、PTAの集まりで取り仕切るような人等から情報を探ってみると有効かもしれません。白か黒かすぐ分かる可能性が高いです。

浮気相手の会社にアプローチ

パートナーの行動に明らかに不審な行動がみられた場合、職場内での浮気を疑うこともあると思います。あなたはパートナーの仕事先に出向きたくなるでしょう。

しかし、確実な証拠がない限り、パートナーの仕事先に出向くことはリスクを伴います。この場合、パートナーの会社の友人にさりげなく探りを入れてもらうと有効です。

ただし、会社というのは社会性そのものですから、パートナーの立場を陥れる結果になるかもしれないため、行動する際には慎重さが求められます。

コメントは受け付けていません。