ホテル通いの形跡発見で浮気を見抜くテクニック

ラブホテル

ラブホテル

浮気をする人は相手と濃密な時間を過ごすために、毎回と言っていいほどホテルへ行きます。そしてホテルに通う人はその形跡を残します。今回はその形跡をたどり、

浮気を見抜くテクニックについて説明します。

財布に潜む証拠

財布を整理する人はそうそういません。日常、お金を使った際に発生するポイントカードや、レシートなどは、とりあえず財布の中にしまい、がさばりだしたら捨てることを繰り返す人が多いです。逆に言えば、財布の中に、最近お金をつかった形跡が残っている可能性が高いです。

もしパートナーの財布に、ホテルの回数券やポイントカードがある場合、疑う必要があります。ホテルにもいろいろあるため、シングルでなく、ラブホテルやダブルベッドを利用した形跡が残っていれば、浮気の証拠となるでしょう。

ホテルの備品を発見

ついついホテルの備品を持ち帰る人は多いと思います。備品はトラベル用として、重宝します。しかしその頻度が上がると、不自然です。また、車内に放置してしまうケースもあります。

備品には、大抵ホテル名の記載があります。まずラブホテルか、ビジネスホテルか、切り分けできるでしょう。次に、その日の行動と、ホテルへ行っていた時間についてパートナーに確認してみましょう。つじつまがあっているか確認し、白黒はっきりさせましょう。

匂いで感じるホテル通いの形跡

ホテルで過ごした場合、普段と違う備え付けのシャンプーを使いますよね。ホテルから帰ってきたパートナーに対して、シャンプーの香りに違和感があるはずです。

次に息の匂い。ホテルで事をすませる場合、その前に歯を磨くことが多いです。息がリフレッシュしていると、ホテル帰りの形跡かもしれません。

そして、パートナーの体の匂い。浮気相手と抱き合った場合、よほど用心していない限り、衣類の香りが移ります。匂いに敏感になって、浮気の証拠をつかみましょう。

コメントは受け付けていません。