携帯電話は事実を語る

着信

着信

携帯電話にはいろいろな使い方があるわけですが、浮気をしている人は、発覚を防ぐためにあれこれと作戦を考えなければいけませんよね。

作戦も、星の数ほどあるわけではありません。あらかじめ知っておくと、浮気を見つけるための手掛かりになります。

浮気に合わせて契約プランを変更

浮気をする人も様々です。浮気相手に合わせて、契約プランを変更することがあります。これは、浮気相手とのやりとりで携帯代が増えることを防止する策なのです。

今や契約プランはオンライン上で簡単に変更できます。指定した番号に特化して通話割引することも容易に設定できます。契約プランの変更は明細書に小さく書いてあるのみで、気づかれにくく、浮気相手と割安で関係を続けるのに、とても有効な手段です。

ちょっとしたことですが、相手の明細書をチェックしてみると変化に気づけるかもしれませんね。

携帯電話の複数使い、用途は?

携帯電話の2台持ち、流行っていますよね。ネットと電話に使い分けるなど、用途は様々です。この流れに便乗して、相手は携帯電話を増やしていませんか?
ビジネスとプライベートの2台持ちであれば、あなたといるときは片方のみを使うでしょう。

しかし、複数の携帯、スマホを同等の頻度で使っているのであれば、不自然です。ある1台は秘め事を含むかなり大胆なやり取りが考えられます。

あなたの電話番号が登録されていない方の携帯電話が分かれば、その携帯を使っている相手を注意深く見てみることです。

着信音やバイブレーションをやめてサイレントで使うようになる

浮気の発覚の8割は携帯からだといわれています。特に多いのが、あえて目立たなくしたことが、逆に際立ってしまい、疑いから発覚に至るケースです。相手の携帯電話、最近着信回数が減っていませんか?

それは着信回数が減ったのではなく、サイレントモードに設定することが増えたからなのです。これならば、一緒にいても音も立てずに浮気相手からの連絡を受信できます。

あなたが相手と一緒にいるとき、電車内でもなく、公共機関でもなく、朝からサイレントモードにしている場合は、第三者の異性とのやりとりが考えられます。

コメントは受け付けていません。