浮気の慰謝料

離婚の原因が夫婦のどちらかにあるかによっても、慰謝料の額などに違いがもちろん生じてきます。

浮気発見のために、興信所や探偵事務所にキチンと証拠をそろえさせてまとまった慰藉料を請求すべく、着々と準備を進める場合もあります。

離婚とは、結婚した状態を解消する事を言いますから、その分悪いことをした見返りは大きく覚悟しなければなりません。

慰謝料は一般的には請求出来る相手の年収や財産状況に応じて設定しますが、もちろん自分が精神的苦痛を味わったとしてその苦痛が大きかったり、離婚するに当たっての生活の基礎金額におけるダメージを年収計算したりして請求するのはかまいません。

ただ、相手にとても払えない額を請求しても裁判でそのままオッケーとなることはまずないでしょうから弁護士と相談し、自分の希望額と相場のすり合わせをするといいでしょう。

お金のことですから、きちんとした法的手続きを踏んで慰謝料やお子さんがいる場合は養育費など(目安になる法的な金額表もあります)を請求するのがベストです。

お金で傷ついた心は癒せないかもしれませんが現実的な面を考えるとこの方法でまずは自分の生活基盤をもって立て直し、再出発を図る資金の一部としましょう。

コメントは受け付けていません。